卵殻膜でアトピー肌の改善も!※3つの理由を成分から徹底解説

卵殻膜でアトピーも良くなるのか成分でわかる3つの効果を調査しました

卵殻膜

 

アトピー肌でお悩みの方は必見です。

 

卵殻膜の修復効果でアトピーの改善も期待できることがわかりました。

 

その理由を3つご案内します。

 

アトピー肌に効果がある理由 その1

 

卵殻膜にはヒアルロン酸が含まれており、とても保湿効果の高い成分となっております。

 

そのためカサカサの乾燥で荒れてしまった肌にうるおいを与えてくれる為、アトピー性皮膚炎への対策として有効なのです。

 

保湿は美肌改善の基本となるので、卵殻膜のヒアルロン酸効果を活用しましょう。

 

アトピー肌に効果がある理由 その2

 

人の肌は約4週間に一度繰り返されるターンオーバーにより、毎回新たな皮膚を作り出す構造になっています。

 

肌を構成している栄養素がおなじみの「タンパク質」なのですが、このタンパク質のなかでも一番大事な成分がアミノ酸になります。

 

卵殻膜には18種類ものアミノ酸が含まれており、中でも「シスチン」という成分には肌を構成する作用に加えて、抗酸化作用や解毒作用もあるので、アトピー性皮膚炎に対しての効果をしっかり期待できます。

 

日々使い続ける事により、健康な肌へと一歩一歩近づく事ができます。

 

アトピー肌に効果がある理由 その3

 

ずっと触っていたくなるような赤ちゃんの肌は3型コラーゲンが作ってくれています。

 

美肌効果があるコラーゲンの中でも、ぷるんとした潤いのある肌を形成する3型コラーゲンですが、卵殻膜にもその成分を補う効果があります。

 

3型コラーゲンによって肌のハリやツヤを取り戻す効果をもたらすため、アトピー性皮膚炎への効果も十分に期待が出来る事が考えられます。

 

卵殻膜を使用することでの副作用の可能性は?

 

卵殻膜の主な主成分は、18種類のアミノ酸や、コラーゲン、ヒアルロン酸など肌に優しい成分なので、個人差はありますが基本的には副作用は考えにくいとされています。

 

卵殻膜化粧品のみならず、つけすぎるのではなく法用量を守って使用しましょう。

 

卵殻膜でアトピー肌の改善を促しましょう。

 

これまで挙げてきたように、アトピー性皮膚炎へ卵殻膜の成分の効果は有効だと言う事がわかりました。

 

加えて副作用やアレルギーが起きる可能性も高い事がわかります。

 

つねに乾燥に悩むアトピー性皮膚炎の改善に、卵殻膜の効果を利用する事で、「なりたい肌」への一歩を踏み出してみましょう。

 

次のページでは、卵殻膜を使用した「卵殻膜化粧品」で気になる点をご紹介しているので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

 

 

.