卵殻膜はニキビ跡や顔のたるみのケアにも良い!※成分からわかる効能

卵殻膜はニキビ跡や顔のたるみにも効くのか成分から詳しく調査しました

卵殻膜

 

卵殻膜はニキビ跡のケアにも有効?

 

結論から述べると、卵殻膜製品はニキビ跡に対して一定の効果があると言えます。

 

卵殻膜はヒアルロン酸、コラーゲンといった美肌成分が多く含まれているので、ニキビ治療にも有効です。

 

残念ながら、ニキビを治す為だけに使用してもあまり効果は期待できません。

 

その理由は卵殻膜はニキビの治療薬ではなく、サポート的な役割にとどまるだけだからです。

 

しかし、ニキビ跡のクレーターに対しては効果があると言えます。

 

大人ニキビの予防に最適

 

ニキビはできてからのケアも大切ですが、予防にも力を入れることのほうが大切です。

 

ニキビ予防としては、以下のような方法を挙げることができます。

 

☆クレンジングはオイルが少ないものを選ぶ

 

☆洗顔回数、洗顔料に注意する

 

☆糖分、油分、刺激物の過剰摂取しないように注意する

 

☆アルコールを摂取するなら控えめに

 

☆睡眠を十分にとる

 

もちろん洗顔、生活習慣の見直しもニキビ予防には大切です。

 

そのうえで卵殻膜化粧品を使用するので予防効果があるのです。

 

その理由は、卵殻膜には毛穴の汚れ、角栓を除去する効果があるからです。

 

さらに保湿効果も期待できるので、ニキビも予防できるのです。

 

卵殻膜の修復作用

 

卵殻膜はシスチン、コラーゲンといった肌の修復作用がある成分が含まれています。

 

それゆえに、ニキビ跡にも効果があるのです。

 

卵殻膜化粧品だけでは完全にキレイにはなりません。

 

しかし多少のニキビ跡の改善効果なら期待はできます。

 

卵殻膜は顔のたるみにも効く?

 

結論から述べると、卵殻膜は顔のたるみにも有効だと言えます。

 

卵殻膜の3型コラーゲンを補給することで、たるみに効果が期待できるんです。

 

ここではまず、顔のたるみの原因について記載していきます。

 

顔のたるみの原因

 

顔にたるみの原因は、ずばりコラーゲンの不足です。

 

卵殻膜にはコラーゲンの中でも肌に弾力を与える効果がある3型コラーゲンが含まれています。

 

ですから、たるみの改善効果が期待できるのです。

 

コラーゲン不足だけがたるみの原因ではありません。

 

しかし、卵殻膜はヒアルロン酸、シスチンといった美肌成分も多く含まれているので、顔のたるみに対して有効と言えます。

 

卵殻膜を吸収する効果的な方法

 

卵殻膜製品としては、化粧品、シャンプー、サプリ、ドリンクなどが存在します。

 

体外と体内の両方から摂取すると相乗効果が高いですので併用しましょう。

 

ただし注意点として卵殻膜自体を食べても消化することができず効果も見込めません。

 

卵殻膜製品を購入して使用するようにして下さい。

 

以下のページには卵殻膜化粧品の落とし穴についてまとめてありますので、ぜひ購入前に確認してみてくださいね。

 

 

.